ようこそ!「ショタ×ぱに」へ!

▼当サイトの管理人の水野いんくです。当サイトは、CGイラストサイトとして1999年4月より始まりました初代White Canvas の4代目のWEBサイトとなります。2004年4月より「White Canvas -2nd Release-」の名称を変更し、あらたに「ショタ×ぱにっく」から「ショタ×ぱに」へと生まれ変わりました。今回の再開に際して全面リニューアルは名称変更だけに留まらず、運営方針の多少の変更も含みます。これまで性的な意味合いを持つ絵は排除する方針を取って参りましたが、この方針を大きく転換します。

▼方針を転換する理由として、少年をテーマとしているとしても、あくまで架空の存在であり実際の人物を辱め名誉を損なうものででなく、これらが現実社会の事件を誘発させるものではないからです。例えば、殺人や暴力をテーマにした映画やドラマや小説は多々存在しますが、あくまでフィクションであり実在の人物や団体には関係のないことを明記した上で、成り立っているという事実があります。これらは正常な精神を損なうものではなくエンターテイメントや芸術の表現の一環としてのみ成立することができる正常な社会の在り方なのです。このような見地より、露骨な表現を用いらない限り美の追求の一環としての少年の性的表現を隠蔽し排除することは、日本国憲法に保障されている「言論の自由」や「表現の自由」を自ら放棄するという不自然極まりないことであり豊かな芸術表現を損なうものであると判断いたしました。

▼当サイトでは、少年愛をテーマとした芸術表現を目指しています。イラストやCGなどの絵という表現を用いて、少年の美や可愛らしさなどの魅力を追求していきたいと考えています。これらは芸術的な衝動によるものであり短絡的な衝動によるものとは異なります。魅力を感じた感動を絵として表現したものであり、またその感動への追求でもあります。こうしたことを前提にショタというジャンルでフィクションによる架空の少年の絵を描いていきたいと思います。

▼私は少年を表現するときに、漫画的な絵の手法を用いたいと思います。漫画絵は一般絵画のように実在の人物モデルを必要とせず、デフォルメと記号化により魅力を再構築できるという特徴があります。この特徴は魅力の追求を行う上で非常に効果的な形式であり様式です。日本の文化では絵巻物や浮世絵に見うけられるように漫画的な表現形式を用いることが多々あり、記号化された様式でフィクションやノンフィクション(?)を描きます。西洋文化のように写真と見間違うような「現実世界の人間の肉体にどれだけ近づけて描くか」ということは無視され、人間の肉体は形式化、様式化され、その表情や動きを大胆にデフォルメや記号化し、その時代の「らしさ」を表現する世界に誇れる伝統文化の流れを汲んでいる新しい表現様式が漫画絵です。そうしたことから、漫画絵で芸術的な表現を行うことは充分に可能です。

▼当サイトでは、性表現を用いる際には事前に、その可能性をお伝えする「18禁」表示を行います。「18禁」表示を行う理由としては、文化的芸術的背景を充分に理解できる年齢に達するのが18歳だと考えていからです。判断力に乏しい年齢においては、短絡的な衝動を誘発する危険性があり、私が目指す表現を誤解してしまう可能性があるためです。芸術的表現というのは見る側にも相応の知識とモラルが要求されるので、慎重な判断をしています。

▼「表現の自由」を守っていくためにも、みなさんのご理解とご協力をお願いいたします。また、これからも当サイトをよろしくお願い申し上げます。

last update 2018.03.16

戻る